概要
2020年によく目にするだろうモバイル向けCPU/GPUをまとめてみました。
メーカーからは未発表の情報も含みますので参考までに。
column_2020spec_02

 ※Yシリーズ等は除いています
column_2020spec_05


コメント
投稿日:2020年2月8日
注目したいのは、やはりRyzen 4000シリーズでしょうか。
末尾Hモデルだけではなく末尾Uモデルでも8C16Tがあるのはすごいです。
AMDなので価格にも期待したいですね。

Core i9 10980HK / Ryzen5 4600Hではクロック周波数が定格動作で3.0GHzを超しています。
2019年下半期のゲーミングノートPCでは本体熱の排気に力を入れている機種が散見されましたので、今回のRadeon RX 5000シリーズや、まだ未発表のモバイル向けGeForce 3000シリーズ(2020年中頃に発表?)と併せてゲーム用途や冷却事情にも注目したいです。

個人的には、Geforce MX300シリーズ / Radeon RX 600シリーズの低消費電力dGPUを搭載した機種がもっと増えればなと思います。
日常用途でもグラボ搭載のほうが有利なケースは増えてきましたので、iGPUだと心許ないけどガッツリしたdGPUは高価だしなあという層に刺さります。


更新日:2020年3月17日
かねてから噂されていたRyzen9 4900Hが公式より発表されました。
Ryzen7 4800Hがフルスペックなので純粋にクロックアップしたモデルのようです。

また、Core i7-10810Uについても公式資料に記載がされる模様です。

ほか、LenovoがThinkpadに載せるカスタムモデル等があります。


投稿日:2020年5月4日
IntelのCoffee Lake Hシリーズは、これで確定のようです。
現時点でのネット評判は、とにかく爆熱仕様とのことです・・・。

また、GeForceに新しいモデルが追加されました。
mobileではなくMax-Qが増えるのはうれしいですが、個人的にはRTX2060 Max-Qが欲しかったところ。

今後はノートもデスクトップ同様、CPUはAMD、GPUはnVidiaとなりそうですね。